これから梅雨を経て、初夏に向かいます。夏は食欲減退。

夏バテしないように「春」を蓄えておきたい。

5月をまだ、堪能しきっていないのではないですか?

旅達なら「アフターGW」、

行楽シーズンの隙間を縫って「にっぽん」を味わいたいものですね。

人混みを避け、美食にありつく。。。(^_-)-☆

horide-

厳冬に耐えると、毎年、必ず訪れてくれる春。

新たな生命力をいただく「山菜料理」の季節到来です(^◇^)

筆者は山菜料理が大好きです。正確にはある時期から大好きになりました。

以前は「ちょっと苦いかな」と感じたこともありましたが、どうやら行く店を間違っていたようです。

視覚、臭覚、味覚で味わうのが山菜料理でありまして、当たり前のことですが、これは鮮度が大事なのですよね。

筆者は不覚にもそれを見落としていて、風物詩的に味わうものだと思っていたのです。

ここが大きな間違いでした。

山菜料理チアユ付き

世界中の食材が東京には集まると申します。実際、かなりのものが手に入ります。

しかし、鮮度って手に入らないのだよね、って感じさせてくれたのが山菜料理でした。

本当に鮮度が良く、種々の山菜の長所を理解し、

適格に処理し、調理してくれる店。

その土地と時期、いわゆるタイミングが大切な、山菜料理。

その地に足を運ぶ価値って、こういうことなんですね。

石川県白山市にある川魚・山菜・ジビエ料理の和田屋さんでは、5月末で山菜料理が今年度の〆を迎えます。

あと2~3週間しか味わえない。

こちらもあまり紹介したくない宿です。混んだら私が行くときに困るからです(^_-)-☆

ayu

主流は川魚料理専門店です。

6月~10月末頃までは限定鮎料理があります。

11月~2月末頃までは岩魚やジビエ料理が中心ですが、

特に、熊肉ってこんなに美味しかったのかと驚かされました。

最後に、気さくな私のお友達、

和田屋の女将、智子さん(写真右)を紹介します(^◇^)

ひょうきん女将

正確な料理プラン(宿泊もできます)の時期は彼女に聞いてくださいね(^_-)-☆

http://www.tsurugi-wataya.co.jp/

白山比め神社の駐車場が目印
隠れ処 和田屋
〒920-2114 石川県白山市三宮町イ55−2
問い合わせ先 076-272-0570

金沢西I.Cより車で30分