奥会津の日本酒ツアーの始まり〜始まり〜。

バスの中で、きき酒のスタート!

本日、一本目は、数馬酒造の「Chikuha N」(特別純米)。金沢の大学生が能登の若手農家・酒蔵と協力して米作りから始めてプロデュースしたもの。

米作りからつくったというのが、今回のてまえ酒ともリンクする『Chikuha N』

米作りからつくったというのが、今回のてまえ酒ともリンクする『Chikuha N』

 

二本目は、出羽燦々を100%使った純米大吟醸、「山形讃香」。手に入りづらい一品で日本酒通な方々からも「初めて見た」というお声があがってました。

『山形讃香』とあおいさん

『山形讃香』とあおいさん

三本目は参加者からの差し入れの山梨の笹一酒造の限定酒。

きき酒の旅はまだまだ続く〜。