5月28日、新緑が眩しい伊豆・湯ヶ島温泉、落合楼村上さんで開かれたイベントです。

「幻の原酒と和の宴」

凄い凄い。本物尽くしでした。

まずは会場の「本物尽くし三拍子!!!」

落合楼村上さんと言えば、建物が有形文化財。

温泉は源泉かけ流し加水、加温、いっさいなし。

料理はこだわりの食材を使うことで定評があります。

落合楼先付

落合楼カエルの椀物

まさに、本物志向。宿の経営支援をする立場の私からしたら「原価、掛け過ぎ!」(笑)

その分、不要な経費を省いて頑張っています。

お客様は大喜びです。商品力、バツグンです(^-^)

落合楼デザート

女将さん

筆者と仲良しの伊津子女将が、フレッシュな天城の山葵を擦ってくださいました。

「優しく擦らないとだめなのよ♪」と(^◇^)

 

そして、落合楼村上会長(伊津子さんのお父様)がこよなく愛した新潟・朝日酒造の久保田というお酒。

朝日酒造さん、静岡県伊東市の酒販店・今井商店さんの全面協力で実現した

銘酒・久保田、奇跡の飲み比べ。

萬壽無濾過原酒、萬壽大吟醸&原酒、千寿、百寿の燗酒までを飲み比べさせていただきました。

こんな御酒を飲みました

そして、第二部。

天城連峰太鼓の「日本一を目指す」という演武と、

水口先生による切り絵&詩の朗読には、不覚にも目頭が熱くなりました。

「和太鼓って、泣けるんだ!」

と、生まれて初めて実感しました。

そして、第二部のトリは、

おそらく90歳ぐらいであろう、大姉さん率いる、

伊豆長岡温泉芸妓さんたちの踊り、座敷遊び講座でした。

久しぶりに楽しかったし、大姉さまの三味線の音が小粋でございました。

落合楼にて伊豆長岡芸妓

こんな和文化のイベント、日本に訪れた外国人観光客が体験できたら、とても喜ぶでしょうね。

オバマ大統領にもお見せしたかった♪

芸妓遊び